『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の発売日が2022年1月27日に決定


セガは、 PS4/Switch向けサバイバルシミュレーション『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』を、2022年1月27日(木)に発売することを発表しました。価格はパッケージ版・デジタル版ともに5,980円(税抜)。

『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』は、世界滅亡後の未来を生き残る、サバイバルシミュレーションゲーム。

プレイヤーは、滅亡後の世界にコロニーを建設し、隕石やフォールアウトなどの回避不能な脅威をしのぐため、より強固な住居を作り、周囲を探索したりしながら、新技術の研究を進めていきます。特別な能力を持つ「スペシャリスト」、さまざまな効果を持つ「建造物」、無限に広がる「テックツリー」…など、さまざまな要素が登場し、その全てが深く絡み合っている。あらゆる知恵を働かせ、失われた文明を取り戻せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。