PS5、第2四半期の販売台数は330万台。累計で1340万台を販売


ソニーグループは、2021年度第2四半期の連結業績を発表し、PS5が7月~9月の間に330万台が販売され、累計販売台数が1340万台になったことを明らかにしました。

PS4とPS5では合わせて7640万本のソフトが販売され、『God of War』が1950万本、『Marvel’s Spider-Man』が1320万本、『Horizon Zero Dawn』1000万本を販売。

PlayStation Plusの会員数は4720万人で、PlayStation Networkの月間アクティブユーザー数が1億0400万人だった。

部門全体の営業利益は前年同期の1054億円から827億円に減少しましたが、全体の売上高は、前年同期比13%(2642億円)増の2兆3694億円。 営業利益は、同1%増(32億円)の3185億円となり、第2四半期の業績としていずれも過去最高を更新しました。

決算短信・業績説明会資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。