名越稔洋氏率いる「名越スタジオ」の設立を発表


NetEase Gamesは、「デイトナUSA」や「スーパーモンキーボール」、「龍が如く」シリーズの総合監督を勤めていた名越稔洋氏が代表のゲーム開発スタジオ「名越スタジオ」の設立を発表しました。

同スタジオは、NetEase Gamesの100%出資によるゲームソフトウェア開発会社です。主にコンシューマソフト事業を中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発を行っていく。

メンバーとしては、龍が如くスタジオの代表を務めた佐藤大輔氏、「パンツァードラグーン」シリーズや「ジャッジアイズ」シリーズなどを手掛けた細川一毅氏、「たべごろ!スーパーモンキーボール 1&2リメイク」のプロデューサーなどを務めた城崎雅夫氏、「龍が如く」シリーズのメインプログラマーの時枝浩司氏など、8名が参加しています。

公式ホームページ:
https://nagoshistudio.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。