PS5/PS4のシステムソフトウェアアップデートが実施。今後VRR(可変リフレッシュレート)対応へ


2022年3月23日にPlayStation 5およびPlayStation 4のシステムソフトウェアアップデートを全世界で配信開始されました。

オープンパーティーとプライベートパーティーの作成や参加ができる機能のほか、PS AppやPSリモートプレイアプリのアップデートも実施。

そして、今後数ヵ月以内に、PS5でVRR(可変リフレッシュレート)への対応を予定していることが明らかに。

VRRはHDMI 2.1対応のテレビやPCモニターにおいて、ディスプレイのリフレッシュレートをPS5本体のグラフィック出力に合わせてリアルタイムで同期する機能です。これによりフレームペーシングの問題や、画面のちらつきなどを最小化または排除し、PS5のタイトルのビジュアルパフォーマンスを向上させることができます。また、画面が瞬時にレンダリングされ、グラフィックはより鮮明に、入力遅延は減少することにより、多くのPS5のタイトルにおいてゲームプレイがよりスムーズに感じられるようになります。これまでに発売されたPS5のタイトルも、今後のゲームパッチによってVRRに対応することができ、今後発売されるタイトルは発売当初からVRRに対応することが可能です。

さらに追加オプションとして、VRRに対応していないPS5のタイトルにもVRRを適用することが可能です。この機能により、一部のゲームでは映像品質が向上する場合があります。もしVRRを適用したことで予期しない視覚効果が生じた際には、いつでもこのオプションを無効にすることができます。VRRおよび上記の追加オプションは、どちらもオン/オフの切り替えが可能です。

VRR対応による効果は、ご利用中のテレビやタイトルによって異なる場合があります。本機能のリリースが近くなったタイミングで、ゲームパッチによってVRRに対応するタイトルなどのより詳細な情報をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。