PS5、VRR(可変リフレッシュレート)対応を今週順次開始


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5のVRR(可変リフレッシュレート)対応を今週に順次開始することを発表しました。

VRRとは、HDMI 2.1でVRRに対応しているテレビやPCモニターにおいて、ディスプレイのリフレッシュレートをPS5本体のグラフィック出力に合わせてリアルタイムで同期する機能。

これによりコマ落ち(スタッタリング)やちらつき(ティアリング)を最小化または排除し、PS5タイトルのビジュアルパフォーマンスを向上させることが可能。また、画面が瞬時にレンダリングされ、グラフィックはより鮮明に、入力遅延も減少することにより、多くのPS5タイトルにおいてゲームプレイがよりスムーズに感じられるようになるという。

VRRに対応するゲームパッチが配信される予定で、VRRに対応していないPS5タイトルにもVRRをオンにすることが可能。

これにより、一部のタイトルでは映像品質が向上する場合があるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。