アドベンチャー『The Silent Swan』のPS5/PS4版の発売が決定


Studio Circensesが開発中のアドベンチャーゲーム『The Silent Swan』のPS5/PS4版の発売が決定しました。

『The Silent Swan』は、モノリシックで廃墟のような世界を舞台にした、一人称視点のオープンワールドのアドベンチャーゲーム。

ミロフ・カブラジマは、妻であり落下の唯一の目撃者であるセリーンを追って「壁の向こうの土地」に入り、跡形もなく消えてしまったが、4枚の羽を持つ一連の紙製の白鳥を発見する。この白鳥には、彼女が残した文章が書かれており、ミロフに発見され、追跡されることを意図しているように見える。

ゲーム中、ミロフは徐々に故郷を襲った災厄、別名「落下」の床に近づき、彼が解明しようと決意した真実に近づいていきますが、一方で奇妙な不安が彼に「戻るべきだ」という警告を発します。

The Silent Swanは2つの都市の物語である。ウルズムとセルヌール、過去と未来、そしてセリーンとミロフという2人の人物の物語です。

ゲームプレイ
ゲームプレイ的には、The Silent Swanは探索とアイテムの収集というオープンワールドの方式を踏襲しているが、廃墟となった土地を歩いた人々の手紙や物語がアイテムとして発見され、これらの同じ手紙がさらに多くの物語を得るためのガイドと道具として機能するという、物語のひねりを加えたものである。

壁で囲まれた広大な世界には、まばらに市街地が存在する。これらの市街地はランドブリッジと呼ばれる地上を走る橋で結ばれており、プレイヤーはこの橋を二輪車で移動する。

レベル自体は一枚岩の市街地で、すべての建物、すべてのフロア、すべての通路が完全に横断可能という特殊性を持っています。これは純粋に環境的、芸術的な目的だけでなく、プレイヤーに道しるべとなる文字やダイアログを読ませるツールとしても機能する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。