『DEATH STRANDING』の実写映画化が発表


小島秀夫監督は、『デス・ストランディング』の実写映画化を発表しました。

詳細は明らかになってないものの、アメリカの映画会社「A24」が制作を行うことを明らかにしました。

「デス・ストランディング」の発生により人類は引き裂かれ、分断され、まさに滅亡の危機にさらされていた。繋がりを失い、孤立した人々のために サム・ポーター・ブリッジズは“未来”を運ぶ任務に赴く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です