『龍が如く8』、シリーズ最速の発売一週間で全世界累計販売本数が100万本を突破


セガは、2024年1月26日に全世界同時発売した『龍が如く8』の世界累計販売本数が、発売一週間で100万本を突破したことを発表しました。「龍が如く」シリーズの家庭用ゲームタイトルとしては、過去最速記録。

『龍が如く8』は、どん底から再び這い上がる男「春日一番」と、人生最期の戦いに挑む男「桐生一馬」の二人の主人公が繰り広げる、シリーズ最高のドラマを描いたドラマティックRPG。

本作では「横浜・伊勢佐木異人町」に加え、シリーズ初の海外ステージ「ハワイ」が登場。日本とアメリカを舞台に、二人の主人公を中心に繰り広げられる重厚なストーリーを、豪華俳優陣が演じるキャラクターをはじめとした魅力的な登場人物たちが彩ります。

ストーリーに加え、よりアクション性と戦略性を増した「新ライブコマンドRPGバトル」、新ジョブの追加や充実のカスタマイズ、育成要素、そして過去最大規模を誇るプレイスポットなど、シリーズ最新作にふさわしい内容となっています。

また、100万本突破を記念して、『龍が如く8』のゲーム内で使用できる着せ替えアイテム「大ヒット御礼!Tシャツコレクションパック」の無償配信が決定。詳細は追ってお知らせするとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です