FF7リメイクのボイス収録はほぼ終了。と北瀬氏


今週発売の雑誌インタビューにて、プロデューサーの北瀬氏がメイン物語のボイス収録はほぼ終了したことを明らかにしました。

北瀬氏「(1/31、FF30周年で公開した新ビジュアルについて)オリジナルには無い、セフィロス(黒い羽根)がどのような意味を持つかは、みなさんのご想像にお任せします」

北瀬氏「長年、世界のファンから切望されていた『FF7』のリメイクに着手するには、相当の覚悟が必要でした。発売から今年で20周年を迎え、10代でオリジナルをプレイしいてる方も少なくない事から、動き出すタイミングが着たと判断した」

北瀬氏「声優さんにより、メインの物語のボイス収録はほぼ終了。ファンの皆さんが抱いているクラウドのイメージは”FF7AC”以降のボイス付きクラウドをイメージしている。(FF7リメイクは)ACより前の”素”のクラウドを初めて見る事になるので、その演技は新鮮に感じるかも」

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。