ストーリーが主体『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の新たな情報が公開


11月15日に発売を予定している、「スター・ウォーズ」シリーズの新作ゲーム『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』の情報が公開されました。

(2019年4月13日)本日開催された「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ」のパネルにて、Electronic Arts(NASDAQ: EA)のスタジオ、Respawn Entertainmentは、2019年11月15日に新作サードパーソン・アクションアドベンチャーゲーム「Star Wars Jedi: Fallen Order」をXbox One 、PlayStation 4、Origin(PC)からリリースすることを発表しました。ゲームはジェダイが滅びた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の直後を舞台にした本物のストーリーを背景に展開。ファンは、ジェダイを皆殺しにせよという皇帝の機密命令「オーダー66」を生き延びた若きパダワンのCalになってゲームをプレイします。Cal役を担当するのは『シェイムレス』や『GOTHAM/ゴッサム』で知られる米俳優キャメロン・モナハン。「Star WarsJedi: Fallen Order」でプレイヤーは、帝国と危険な調査官の一歩先を行きながらもCalの打ち砕かれた過去の断片を拾い上げ、トレーニングを完了させてライトセーバーの技術を体得します。

「僕たちスター・ウォーズファンは、暗黒時代に大きな好奇心を抱いていました。そこで、謎と危険に満ちたその時代をぜひ掘り下げてみたいと思ったのです」Respawn Entertainment.のゲームディレクター、Stig Asmussen氏は語ります。「帝国の力が頂点を極め、生き残ったジェダイが身を潜めるという時期を深く探り、さらに展開させるという作業において、Lucasfilmのチームには素晴らしい協力を提供してもらいました。この物語を背景に、ライトセーバーとフォースの力を使った激しいながらもよく考えられた面白い近接戦が楽しめるゲームが出来上がりました。誰もが夢見るジェダイの空想を実現してくれるゲームです」

「Respawnから当ゲームの企画について話があった時、すぐに協力体制に入りました。『スター・ウォーズ』シリーズからストーリーが主体のシングルプレイヤーゲーム。まさに私たちが求めていたものでした。ファンも待望していることは知っていましたね」Lucasfilmのフランチャイズコンテンツ・ストラテジーディレクター、Steve Blank氏は語ります。「オーダー66の後で再びジェダイとしての道に足を踏み入れるCalに焦点を当てることで、より楽しめるゲームプレイと、Calという新しいキャラクターや彼のバックストーリーを発展させる豊富なストーリー展開を実現しました」

プレイヤーがCalに会えるのは「Bracca」と呼ばれる新しいスター・ウォーズの惑星。ゲームに登場するシリーズ初となる場所の1つです。日常のなかで帝国から身を潜めるCalは、フォースの力を露呈してしまったことで逃亡生活を余儀なくされます。逃亡の道中でCalは忠実なドロイドBD-1を引き連れ、謎多きCereをはじめとする新しい仲間や、馴染みある面々と出会います。帝国から逃げまわるなか、Calを仕留めて生き残りのジェダイを絶滅させようと目論見る帝国のエリート尋問官セカンド・シスターに追跡され、Calの前にさらなる危険が立ちはだかります。セカンド・シスターを補佐するのは、ジェダイ追跡と尋問官の卑劣な任務を補助するための訓練を受けた、帝国軍の特殊部隊、パージトルーパー。

「Star WarsJedi: Fallen Order」のゲームプレイをデザインするにあたって最も重要視されたのは、映画『スター・ウォーズ』の中で繰り広げられる、ライトセーバーによる激しい戦いでした。美しい映像と優れた技術を持ち合わせた高品質のゲーム作品で知られるRespawnが生み出した本作で、プレイヤーはジェダイ・トレーニングを活用し、さまざまな近接攻撃を組み合わせ、さらに革新的なライトセーバー戦闘システムやフォースの能力と併せて戦いに挑みます。さらには横断能力やその他の移動能力を使って敵を戦略的に打ち倒し、この銀河級の冒険で出会う数々の謎を解き明かします。ゲームにはスター・ウォーズファンなら馴染みのある場所や武器、装備、敵はもちろんのこと、シリーズ初披露となるキャラクターや場所、クリーチャー、ドロイド、敵も登場。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。