『ウォッチドッグス レギオン』、初代主人公「エイデン・ピアース」と「レンチ」が登場する 拡張コンテンツ「ブラッドライン」が7月6日配信


ユービーアイソフトは、『ウォッチドッグス レギオン』(PS5/PS4/Xbox One/Xbox Series/PC)の新たな拡張コンテンツ「ブラッドライン」を、7月6日に配信することを発表しました。

拡張コンテンツ「ブラッドライン」は、『ウォッチドッグス レギオン』のキャンペーンモードの以前が舞台。「ブラッドライン」には、『ウォッチドッグス』のエイデンと『ウォッチドッグス 2』のレンチ用の複数のサイドクエストが含まれている。

「ブラッドライン」では、『ウォッチドッグス』の後、甥と再会するためエイデンがロンドンでフィクサーの仕事を受けます。エイデンのミッションは、ブロカ・テックのラボに潜入し、ミステリアスな技術を盗み出すことです。しかし、彼のミッションはレンチがデバイスと共に逃げたことにより妨害されます。大企業に立ち向かう仲間もいなく、レンチには先を越され、エイデンは疎遠になった甥のジャクソンと手を組み、自分の経験を頼りに戦うことになります。レンチの予想不可能な行動により、さらに状況はカオスへとなることでしょう。

エイデンの特徴:
フォーカス: テイクダウン後にスローモーションのエイムになる
システムクラッシュ: エリアにある電子機器を停止
ガンスリンガー: タイミングのいいリロードによりダメージ強化

レンチの特徴:
セルゲイ召集: カスタムドローン(デザイン違いの建築ドローン)の召喚
ニンジャボール: 小型LTLフラッシュバン
レディ・スマッシュ: 大きなカスタムハンマー
MPX SMGとLTLグレネードランチャー: カスタムスキンのユニークな武器

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。