滅びの淵の美しき東京が舞台のアクションアドベンチャーゲーム『Ghostwire: Tokyo』の発売時期を2022年初頭に延期


Tango Gameworksは、PS5/PC『Ghostwire: Tokyo』の発売時期を2022年初頭に延期することを発表しました。

『Ghostwire: Tokyo』は、人口の99%が消滅した東京で、アメワラシ、シロムク、クチサケといった“Visitors”と呼ばれる霊たちと戦うアクションアドベンチャーゲーム。

延期の理由については、思い描くGhostwireの世界を実現するためには、さらなる時間の確保が必要であると判断したためとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。