『WORLD WAR Z: Aftermath』のPS4日本語版が2021年冬にリリース


H2 INTERACTIVEは、PS4日本語版『WORLD WAR Z: Aftermath』を2021年冬に配信することを発表しました。

本作は、1,500万人以上ものプレイヤーを魅了した「WORLD WAR Z」を進化させた究極のゾンビシューターゲーム。

新ロケーションとしてローマとカムチャッカが追加される他、新しいキャラクター・武器・スキルなどを実装しています。

■新エピソード(ローマ・カムチャッカ)の追加
広大な6つのマップを追加しました。

■新しいキャラクター・ゾンビ・武器・クラスの実装
新キャラクター・スキン:ローマ編に登場するキャラクター4人が追加される他これまでのキャラクターにも新スキンが追加されます。
新しいゾンビ:ネズミの大群・包帯のゾンビなど新たな敵が登場します。
新しい武器:二刀流が可能な近接用ナイフや新しいウエポンなどを多数追加しました。
新クラス:盾を使うVanguard(ヴァンガード)が追加されます。

■「FPSモード」を追加
一人称視点での切り替えが可能になるモードを追加しました。
■4K・60FPSへの対応

■その他細かい調整や不具合の修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。