『ギルティギア ストライヴ』、ストーリー本編には登場しなかったキャラクター達が多数登場する「アナザーストーリー」が4月29日に配信


アークシステムワークスは、対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐(ギルティギア ストライヴ)』(PS5/PS4/PC)にて、DLC「GGST シーズンパス1」付属コンテンツ「アナザーストーリー」がプレイ可能となるアップデートを、4月29日22:00ごろに配信すると発表しました。

「アナザーストーリー」では、ラムレザルやメイ、梅喧といったキャラクターをはじめ、ストーリー本編では登場しなかったキャラクター達が多数登場し、舞台の裏側で何が起きていたのかを別視点で描く。

■アナザーストーリーのあらすじ
飛鳥=R=クロイツの投降を契機としたアメリカ合衆国の事件と同時刻。イリュリア連王国の特機旅団長であるラムレザル=ヴァレンタインは、特別災害の報を受けイリュリア郊外の現場へと向かう。そこで彼女が見た人物は、かつて「慈悲なき啓示」と共謀し人類の敵となった「ベッドマン」とよく似た一人の少女であった。

■キーパーソン紹介
●ディライラ
長き眠りから目覚めた少女。類まれなる頭脳と能力に脳が耐えられないという特殊体質により、生まれたときから夢の中で過ごしていた。現在は目覚めたばかりのため、世間一般の常識や人付き合いには疎い。彼女の目的はただ一つ、命を奪われた兄の仇を討つことである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。