シリーズ第3弾『Voice of Cards 囚われの魔物』が9月13日にリリース


スクウェア・エニックスは、Voice of Cardsシリーズ第3弾『Voice of Cards 囚われの魔物』(PS4/Switch/PC)を2022年9月13日に発売することを発表しました。(Steam版は9月14日)ダウンロード版が3520円、ゲーム本編+DLCセットが4356円。

テーブルトークRPGをモチーフにすべてをカードで表現したRPGで、プレイヤーはゲームマスターのナビゲーションによりゲームを進めていく。

本作のゲームマスターは石川由依さんが担当するとのことです。

ストーリー

『魔物』と呼ばれる生き物が跋扈する世界。
人間と魔物は争い、対立を続けていました。

少女が暮らす地下の村は、強固な門で魔物の侵入を防いでいましたが、ある日、襲撃を受けてしまいます。

そこに現れた一人の少年。
少女は、彼に手を引かれるままに、生まれて初めての地上に踏み出しました。

これは、大切なものを失った少女が、少年と旅をする中で世界を知り、かけがえのないものを手にするまでの物語……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。