フロム・ソフトウェアの株を、SIEとテンセント子会社Sixjoyで30%取得


フロム・ソフトウェアは、テンセントの子会社であるSixjoy Hong Kong Limitedとソニー・インタラクティブエンタテインメントを割当先とする第三者割当によるフロム・ソフトウェアの新株式の発行を行うことを明らかにしました。

調達資金の額は約364億円。持株比率は、親会社のKADOKAWAが69.66%、Sixjoy Hong Kong Limitedが16.25%、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが14.09%となります。

フロム・ソフトウェアは、今回の資金調達を通じて、今後さらに多くの強力なゲームIPの開発に自ら積極的な投資を行い、その創出・開発力の強化を図るとともに、成長著しい世界市場における自社パブリッシングの範囲拡大に向けた体制の構築を目指す。

連結子会社の第三者割当増資に関するお知らせ:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000011137.000007006.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。