ナチスに占領されたアメリカが舞台。『Wolfenstein II: The New Colossus』が11月23日に発売


ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジアは、PS4/Xbox One/PC『Wolfenstein II: The New Colossus』を2017年11月23日に発売すると発表しました。価格は7980円(税抜)。

『Wolfenstein II: The New Colossus』は、『Wolfenstein: The NewOrder』の正統な続編。

プレイヤーは、生き残ったレジスタンスの勇敢なリーダーたちを味方につけるため、ナチスに占領されたアメリカへと向かうことに。高性能な銃器と新しい奇抜なアビリティを駆使しながら、強力なナチス兵とスーパー・ソルジャーを倒せ。

ストーリー

舞台はナチス占領下の1961年アメリカ。ナチス親衛隊大将「デスヘッド」の暗殺は、取るに足らない勝利でしかなかった。これによりナチスは勢いを失ったものの、いまだ世界を支配していた。主人公はレジスタンスの一員、B.J.ブラスコヴィッチ、通称「テラー・ビリー」。彼はナチスにとっての宿敵であり、自由への人類最後の希望でもある。アメリカに戻ってナチスを一人残らず始末し、第二次アメリカ独立革命を起こす気概、能力、武器を全て兼ね備えているのはただひとり、ブラスコヴィッチしかいない。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。