『レインボーシックス シージ』、 3年ぶりの新マップ「エメラルドプレーンズ」が登場


ユービーアイソフトは、『レインボーシックス シージ』にて、3年ぶりの新マップ「エメラルドプレーンズ」が追加されたこを発表しました。

カントリークラブ「エメラルドプレーンズ」やプライベート牧場は、北アイルランドのなだらかな丘に位置します。のどかなロケーションを舞台に、天窓からラペリングで突入したり、内階段を活用して有利なポジションを確保したり、暖炉のある吹き抜けでカバーリングできる箇所を探したりと、様々なアプローチを模索できます。

「エメラルドプレーンズ」内の2フロアは、モダンな下階に対し、上階はマナーハウスの伝統的なスタイルが特徴です。部分的に「バーレット大学」 「国境」に着想を受けた広々とした空間は、中サイズのマップながら広大なプレイ空間を生み出します。今シーズンの新オペレーターAZAMIで「エメラルドプレーンズ」をプレイすることも可能です。壁やフロアの穴を塞ぐことができるKibaバリアーを装備したAZAMIによって、機動的かつ汎用性が高い防衛アプローチが可能となります。

Year 7では、更なる新マップ・クロスプレイ・クロスプログレッションの導入やレピュテーションシステムを使用したプレイヤー言動の向上、新モードチームデスマッチなど様々なアップデートを予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。