『バイオハザード7』のDLCが海外で発表


海外では1月24日発売となる『バイオハザード7』ですが、DLC「Banned Footage」の情報が公開されました。

Banned Footage Vol.1

3つのコンテンツを収録した第1弾DLC。価格は9.99ドルで、PS4版は1月31日、Xbox One/PC版は2月21日より配信開始。

Bedroom:
鍵のかけられた部屋から逃げる方法を見つけ出す。しかし、ベッドから離れたことをマーガレット・ベイカーに気づかれていはいけない。

Nightmare:
敵の波を食い止め、朝まで生き残る。

Extra Mode – Ethan Must Die:
メインゲームのテープやストーリーとは別の高難易度モード(PS VR非対応)。

Banned Footage Vol.2

3つのコンテンツを収録した第2弾DLC。価格は14.99ドルで、PS4版は2月14日、Xbox One/PC版は2月21日より配信開始。

21:
ルーカス・ベイカーによる死のゲームを生き延びる。
Daughters:
『バイオハザード 7 レジデントイービル』の悲劇的な出来事の前にベイカー一家で何が起こったのかを描く。
Extra Mode – Jack’s 55th Birthday:
メインゲームのテープやストーリーとは別のコミカルな追加ゲームモード。時間と戦いながらジャックに食事をさせるPS VR非対応)。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。