極上のミステリーを味わえる『ワールドエンド・シンドローム』のティザー映像が公開


アークシステムワークスは、2018年に発売を予定するPS4/PS Vita/Nintendo Switch用ソフト『ワールドエンド・シンドローム』のティザー映像を公開しました。

学園恋愛ADVとされていた本作ですが、“ミステリー×恋愛ADV”であることが明らかに。“ひと夏の恋”だけではなく“極上のミステリー”を味わえるとのことです。

ストーリー

「黄泉人よ…今宵だけは、安らかに…」

 ――ある夏の日、入り江の中に閉ざされた海町“魅果町”へと引っ越してきた主人公。

 引っ越し初日の夜、主人公が偶然耳にしたローカルラジオ“ワールドエンド・シンドローム”。ささやくようなミステリアスな声に心惹かれ、話に耳を傾けると人気のラジオDJ“月丘ひかる”の口から驚くべき伝承がまことしやかに語られるのだった……。

 魅果町にとって、今年は運命の年。この町には、100年に一度、死者が蘇る伝説がある。現世に舞い戻った彼らは“黄泉人(よみびと)”と呼ばれ、……町に禍(わざわい)をもたらす。

 奇しくもこの年魅果町では女子高校生の行方不明事件が起こっていた。これから起こる事件の“予兆”とも言えるのだろうか……?

 舞美が通う“魅果高校”へと転校した主人公は、ひょんなことから学校のマドンナ教師・山城香織が顧問を務めるミステリー研究会、略して“ミス研”(表向きは民俗学研究会)へと入部することになる。

 親睦を兼ね、ミス研メンバーでバーベキューをすることになったが、川に浮かぶ行方不明の女子高校生の鞄を偶然見つけてしまった主人公たち。

 ―――そして数日後、鞄の持ち主が水死体として発見されるのだった。

 ……そう、今年は“黄泉人”が蘇る100年に一度の特別な年。

 ……一方、この“黄泉人伝説”をモチーフとした映画“ワールドエンド”の撮影が、この魅果町で、もう間もなく、始まろうとしていた──。

「生きてる限り、死はすぐそばにある。だけど僕たちはそれに気づかずにいる」

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。